MOUNTAIN EQUIPMENT(マウンテンイクィップメント)

1960年イングランド北部マンチェスター郊外のGlossapという町で、ピーターハッチンソンとピートクルーの2人の若手クライマーにより”The Mountanieer”というクライミングショップが誕生しました。そんなに多くの登山者がおらず、周りには稼ぎの少ないクライマー仲間がほとんどであったため、さして利益がない状態で登山用品を販売しており、彼らのビジネスはまったくよくありませんでした。暇を持て余したピートは店の奥の部屋で、「MountainEquipment」の最初の製品となるシュラフとダウンジャケットを作り始めました。ピーターもピートもとても丁寧で繊細なタイプで、できあがった製品はとても評判がよく、しまいに彼らは店をたたみ、マンチェスターハイドの近くの農場の小屋へ引越しをして、それらの製造のみに集中することにしました。少しずつでありますが、ショップでそれらの販売を始めたところ、細部までとても丁寧に作り上げているそれらの製品は、クライマー達に絶大な信頼を受けることとなり、それらの「質実剛健」な製品は”MOUNTAIN EQUIPMENT”と呼ばれるようになっていきました。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5